「モテる男」の教科書。

「自分が男と入れ替わったらモテモテになれるのになぁ。お金持ちで美人のヒモになりたみ…」と思ってる女の子が書いてます。

自分の好きなことに自信を持とう。なにかに熱中してる人はキラキラして魅力的だから。

バンドマンや夢を追いかけてる貧乏人に、どうしようもなく惹かれてしまったりするのが女というものです。

なにかに熱中してる人って魅力的に見えるんですよね。

人のキラキラして楽しそうな姿というのは性別関係なく、不思議と吸い寄せられてしまう引力のようなものがある気がします。

f:id:Theskyisthelimit:20170421153023j:plain

あなたが楽しめば、相手も自然と楽しくなる。

人の気持ちは伝染するものです。

あなたが楽しそうにしていればそれを見ている人も自然と楽しい気持ちになります。反対もまた然りです。

あなたが好きなことについて語っているとき、あなたの目はきっと少年のようにキラキラと輝いていることでしょう。自然体で楽しそうに好きなことについて語るあなたは、普段の何倍も魅力的に女性の目に映ります!

なので、自慢話をするのはNGですが自分の好きなことや趣味、こだわりについてはどんどん語れば良いとおもいます。

そんなあなたに惹かれる女性は間違いなく存在しますし、そもそもその姿に惹かれない人はあなたと価値観が全く違うということなので、最初はうまくいっても後々ダメになる可能性が高いです。

 

相手が興味がないのなら、興味を持たせればいい。

あなたの好きなことが女性受けがイマイチなものだったり、きっと相手は興味がないだろうからと遠慮してあなたの趣味や好きなことを黙っているのはもったいないです。せっかくのアピールポイントなのに!

相手があなたの趣味に全く興味がなくても語っちゃいましょう。

いかにそれが素晴らしいか熱を込めてプレゼンすれば良いんですよ。

 

自分の趣味や好きなことに自信をもつ。

別にあなたの趣味が音楽とかファッションとかそういうオシャンなカッコいいものでなくても全然いいと思います。

アニメでもゲームでも釣りでもサバゲーでも、相手の女の子がどんなに興味のなさそうなことだとしても自分の趣味や好きなことに対して自信を持つことが大事なのです。

「オレが好きなんだから最高に決まってる!知らないならその良さを教えたる!」くらいの強気でいきましょう。(でも押し付けるのはダメ。うざいから)

純粋な少年の目で語るのがポイントです!母性本能がくすぐられます←

女の子としても「アニメまじ最高。え?アニメとか見ない?ほんとに?!それは絶対人生損してる。ちょっとアニメについて語っても良い?凄いんだよアニメ!」とウザいくらいにグイグイこられたほうがおもろいです。

あなたが楽しそうに語ってれば相手も楽しそうに話を聞いてくれるとおもいます。

もちろん自分ばかり語りすぎるのはよくないのである程度のところで

「わーごめん好きすぎて喋りすぎちゃった(笑)興味ないだろうに聞いてくれてありがとね。今度は君の話を聞かせてよ」と切り上げるのも大切です。

以前の記事で書きましたが、基本的には自分と相手が2対8くらいの発言量がベストなので自分の好きなことであっても喋りすぎるのはよくないですね。

 

間違っても「好きなもの?うーん…強いていうならアニメかなぁ。でもあれだよね、君はそういうの全然興味ないでしょ?いや、ほんと、つまんない人間でごめんね」なんて卑下しないでくださいね。自分の好きなことを否定するのは、自分自身を否定してるのと同じです。そんなことしたらまじでつまんない人間になりますよ!

 

しっかりと「自分」を持ってる人に女は惹かれる。

女性は自分らしさや価値観をきちんと持っている男の人に惹かれるのです。

趣味は特になし、音楽はなんでもいい、ファションも興味ない、なんて人には興味を持てないのです。そういう人は自分を持っていなかったり、ビジョンや目的が何もなかったりするせいか一緒にいてもあまり楽しくないです。

 

これだけは誰にも負けない!とか◯◯についてならオレに任せろ!くらい夢中になれるものや好きなものがある、というのはとても素敵なことです。

 

もしすでにそういったものがあるなら、そのことを誇りに思いましょう。

胸をはって自分はこれが好きなんだ!と言える男は魅力的です。