「モテる男」の教科書。

「自分が男と入れ替わったらモテモテになれるのになぁ。お金持ちで美人のヒモになりたみ…」と思ってる女の子が書いてます。

これであなたも聞き上手!会話の基本である【オウム返し】をマスターしよう。

「あー、オウム返し?知ってる知ってる。」と思ったそこの非モテ男子よ。

女の子と会話するとき、ホントにそれやってます?

実践してないなら知らないのと同じですよ←
基本中の基本のテクニックですが男女問わず使えて、会話を円滑に進めるにはもってこいなのが【オウム返し】です!

オウム返しの効果としては

  • 「この人は話をきちんと聞いてくれてる」という印象を与えることができる。
  • 繰り返してるだけなのに、勝手に「気が合う人だ」と思ってくれる。
  • 相手の話を否定したり腰を折ったりしないので会話が比較的スムーズに進む。

あたりですかね。

今回はそんな【オウム返し】の効果をより高めることのできる、ちょっとしたコツを紹介したいとおもいます。 

f:id:Theskyisthelimit:20170418155045j:plain

オウム返しとは。

知ってる人も多いと思いますが、簡単に説明するとオウム返しとは相手の言ったことをそのまま繰り返すテクニックのことです。

例1「このまえ新しい服買ったんだよね、それがすごい可愛くてさぁ」

  1. 新しい服買ったんだね
  2. すごい可愛いんだ?

 

例2「昨日友だち原宿オシャレなカフェランチしたんだけど〜」

  1. 「いーね、原宿ランチしたんだ」
  2. おしゃれなカフェ?」
  3. 友だちランチか〜

切り取るところを変えることにより色々なパターンを作り出すことが可能です。

オウム返しと言っても、ただ相手の話をそっくりそのまま繰り返せばいいというわけではありません。

 

相手が一番話したいことをピンポイントでオウム返しせよ。

例2でいうと私なら2の「おしゃれなカフェ?」という回答をするとおもいます。

なぜなら相手が一番話したいのは「オシャレなカフェについて」ではないか?と推測するからです。

どこでランチを食べようがそこがいかにオシャレであろうと興味がなかったとしても聞き返しますよ!だって相手が話したがってるんだもの(重要)

わたしが「おしゃれなカフェ?」と言えば、きっと彼女はいかにそのカフェがオシャレだったかについて喜々として話し出すでしょう。

ようはオウム返しというのは「わたしはあなたの話に興味がありますよ」と言うサインなんですよね。

 

もちろん、彼女が話したいのは「おしゃれなカフェについて」ではない可能性もあります。もしかしたら彼女は、そのカフェで友だちとした会話の内容について喋りたかったのかもしれません。

その場合でも特に問題ないです。
彼女が一番話したがっているのはこれではないな、と思ったら

「へ〜◯◯って店なんだね今度行ってみるわ(締)それで?どうだったの?

と切り上げて、次の話題に進めるよう仕向けてあげさえすれば「それがさ、聞いてよー友だちがね」と話し出すはずなので大丈夫です。

なので一発で絶対に当ててやろうと力む必要はありません。

 

よく観察するのだいじ。

大抵、相手の反応をみれば自分のオウム返ししたポイントが正しかったのか間違っていたのか分かるので、相手をよく観察しましょう!

あんまりノッてこないな、と思ったら違うところを切り取って再びオウム返しすればいいのです。やってるうちにうまくなるんで大丈夫です。

何度かそれを繰り返すと、相手の一番言いたいことを瞬時に理解する能力が上がっていくのでどんどん聞き上手になっていきます。

慣れれば、切り取るところによって話の方向性をさり気なく誘導することもできるようになりますよ!

広告を非表示にする