「モテる男」の教科書

「自分が男と入れ替わったらモテモテになれるのになぁ。お金持ちで美人のヒモになりたみ…」と思ってる女の子が書いてます。

【女心】欲しいのは共感だけ。解決策なんて求めてない!【秋の空】

基本的に女性がなにか話してるとき、だいたいは「喋りたいだけ」「聞いてほしいだけ」だと思っておいたほうがいいです。

「改善策や解決策を提示してほしい」だなんて、これっぽちも思ってないことが多いです。

 f:id:Theskyisthelimit:20171211163433j:image

女は共感してほしい生き物

女の人は思ったことを話して、そしてそれを聞いてもらうことでストレスを発散するのです。

「それは大変だったね〜」

「わかるわ〜」

「えらいよ〜」

などと言っておけば、相手はご機嫌で

「聞いてくれてありがとう。なんか私ばっかり喋っちゃってごめんね。でもなんか元気でた!ありがとう!」

と感謝してくれます。

 

間違っても、

「それは君にも非があるのでは?」

「次からこうしてみれば?」

などと言ってはいけません。

 

「そういうことを言ってほしいわけじゃない 怒」

「私のこと何にもわかってない!」

となるのが関の山です。

そういうシーンでの、できる男アピールは意味ないです。

「悩んでいる彼女の悩みを解決するオレ、できる男。カッコいい!」と思ってる勘違い男がたまにいますが、そう思ってるのは本人だけだということに早く気づいてほしいです。

 

向こうから「どうすればいいと思う?」とアドバイスを求められた場合のみ、アドバイスしてあげましょう。

それ以外はひたすら共感に徹しましょう。

分かる分かるマンになってください!

 

女の子と話すときの心構え

コツとしては、ちびっこの話を聞いているときと同じ態度で接するとうまくいきますよ。

 

ちびっこが嬉しそうな顔で、みてみて!とキラキラした目で自分の描いた絵をみせてきたら、

あなたにとっては下手くそな絵でも

「すごいね〜上手だね〜」

と褒めてあげますよね?

 

「目の位置はもう少し上にしたほうがいいのでは?」「この色は違う色のほうが…」

とか言わないでしょ?

それと一緒です。

女の子の話も(かわいいなあ。ニコニコ)と思いながら「大変だねぇ」「分かるよ」「すごいね」とあやすような気持ちで優しく話を聞いてあげてください!

 

これで、「このひと、すごい私のことを分かってくれてる!きゅん!」となること間違いなしです!