「モテる男」の教科書。

「自分が男と入れ替わったらモテモテになれるのになぁ。お金持ちで美人のヒモになりたみ…」と思ってる女の子が書いてます。

話下手なら聞き上手になればいい。

モテるためには話し上手にならなくてはいけない。面白い話ができなけれればいけないと思っているかもしれませんがそんなことないです。

話下手でもおもしろいことが言えなくても聞き上手であればモテます。

巷には自分の話を聞いてほしくてうずうずしてる「話したがり」が溢れていますからね。 

f:id:Theskyisthelimit:20170409145506j:plain

 結局みんな自分の話を聞いてほしい。

どんな人でも「自分の話をしたい」「聞いてもらいたい」と少なからず思っているものです。なので自分の話を聞いてくれる人といると楽しく感じます。

 

女の子との会話でいちばん大切なのは”いかに自分の話をせずに、相手に気持ちよく話させるか”です。

自分の話をするのは、あくまで相手の話を引き出させるためでしかありません。

モテたいなら聞き役に徹しましょう!

 

会話のバランスは相手7、自分3くらいがベスト。

相手の話が7で自分の話は3くらいを心がけるのがちょうどいいです。

もしあなたがおしゃべりな人なら8:2、いや9:1くらいを意識してもいいくらいです。話したがりの人が自分の話をしないというのはなかなか難しいので訓練が必要です。どうしても自分の話がしたい場合は男友達にでも話して、女の子の前では自分の話はしないようにしましょう。

 

「アナタの話も聞かせてよ」と言われたら?

女の子と話していて「私ばっかり喋っちゃってごめんね?◯◯くんの話も聞かせて?」と言わしめしたら、あなたは立派な聞き上手です。おめでとうございます。

…ですが、そのトラップに引っかかってはいけません!!


そう言われたからと言って、バカみたいに自分の話をベラベラと話し始めるのはNGです。
せっかく積み上げてきたものが台無しになります。非モテに真っ逆さまです。

 

そう言われた際のベストな返しをご紹介しましょう。それは

「全然いいよ!◯◯ちゃんの話聞いてるの楽しいし。オレの話なんかいいからもっと聞かせて。」

爽やかな笑顔でこう言い放ちましょう。完璧です。間違いなくモテます。そう言われた相手は最高にいい気分になって、ますます饒舌になることでしょう。自分の話を楽しんで聞いてくれる相手と話していて楽しくないはずがないです。

 

聞き上手はモテる。

自分の話をする必要がないので、あなたの話がつまらないと幻滅される心配もありません。なにせほとんど喋らなくていいんですからね。

さらに自分の話をしないことによって相手の女の子が勝手にアナタのことを”ミステリアスな人”だと思ってくれます。

女の子にとってミステリアスな人や何考えてるのか分からない人というのは魅力的なのです。「何考えてるんだろう?」「どんな人なんだろ?」「わたしのことどう思ってるんだろ?」と勝手にドキドキ出来るからです。

あなたは自分の話をしないことによって相手の女の子に夢を与えることができるのです。相手の話を楽しそうに聞いてあげるだけでいいのです。

女の子と会話するときは「どうすれば相手の話をより引き出せるのか、今相手がいちばん話したいことはなんなのか」をいつも考えるようにしましょう。

 

自分のことを話さなくていいし面白いこと言わなくていいので楽ちんでいいですよ。

なのに相手は喜んでくれるし、勝手にミステリアスな人だと思ってくれて相手の中で美化されるしで最高じゃないですか?

なのでモテたいならぜひ聞き上手になることをおすすめします。



広告を非表示にする