「モテる男」の教科書。

「自分が男と入れ替わったらモテモテになれるのになぁ。お金持ちで美人のヒモになりたみ…」と思ってる女の子が書いてます。

デートに行ったとき「彼氏いるの?」と聞いていいのか問題。

ふたりで会ってる時点で好意はあるんだから「彼氏いるの?」とか聞くのは野暮、気がきかないこと言うんじゃねえ。という世の女性たちの意見はありますが、わたしは聞いてもいいと思う派です。 

f:id:Theskyisthelimit:20170423162651j:plain

 

「彼氏がいるの?」=あなたのこと恋愛対象としてみてます。

「彼氏いるの?」と聞くということは「わたしはあなたに彼氏がいるか気になります」という意思表示であり「あなたのことを友達ではなく恋愛対象とみていますよ」というサインにもなります。

なので最初の段階でその質問をしておくことで、”ただの男友達”にカテゴラズされにくくなるので聞いちゃって良いと思います。

全くその気がなかった女性でもそう聞かれると「あれ?もしかしてこの人わたしに気があるのかな?」と少しは思いますからね。

 

彼氏がいても気にすんな。グイグイいこうぜ

彼氏がいるからといって諦める必要はないです。

彼氏がいるのに男と2人に出かけてる時点でそういうことです(察し)。
なにかしら現状に不満があるか、刺激に飢えてる可能性は高いのでふつうにワンチャンあります←

もし彼氏がいると言われたからといって「へえそうなんだ。◯◯ちゃんかわいいもんね…」とすごすご引き下がってしまってはだめです。(非モテにありがち)

「可愛い子は大体彼氏いる」とか言ってる男は一生彼女なんてできないですよ?

彼氏がいると言われても「へえそうなんだ。◯◯ちゃん可愛いもんね」と微笑み、「それでもオレは諦めないけど」という余裕の態度を示せるのがモテる男です。

そんなことは気にせず「どんな人?」「いつから付き合ってるの?」「彼のどんなとこが好き?」「彼氏にされて嬉しかったこととかある?」と掘り下げていきましょう。相手の好みや好きなことが知れていい情報収集になりますよ。

ひとつ、そのときに絶対にやってはいけないことがあります。

それは【相手の彼氏を否定する】ことです。これはまじでやったらアカンです。

男の人はよく自分のほうが優れているとアピールしたいがあまり、相手の男を悪く言ったりこき下ろしたりしてしまいがちですが、逆効果なのでやめてください。

そんなことしても器の狭いちっさい男やと思われるのがオチです。

相手の女の子は、自分の彼氏を否定される=自分を否定されてる気になってしまいますし、否定されればされるほど「駄目なとこもあるけど良いとこもいっぱいあるもん!」と言いたくなるのが女心ってもんです。

なので彼氏の話はとりあえず思うところあってもぐっと我慢してホメときましょう。

「素敵な君が選んだ人ならきっと素敵に違いないね」という姿勢を見せるのがだいじです。

きっと、そんな器が広くて余裕あるあなたの態度に女性は惹かれるでしょう。

 

相手の彼氏の悪口は言ってはいけない

おもしろいもので、否定せず褒めまくって聞いてあげてると、相手のほうから彼氏に対する不満を打ち明けてきたりします。あなたに心を許した証拠です!

ですが相手が不満を言い出したからと言って、相手にのっかって悪く言ってはいけません。家族のことを自分が悪く言うのはよくても他人にとやかく言われるとムカつくみたいなもんです。

なので不満を打ち明けられても、共感する程度に留めましょう!

「そうなんだー」「大変だねぇ」といたわってあげる程度でOKです。
それをするだけで「この人は私を分かってくれる人だ!」と相手に好印象を持ってもらえますよ。

 

反対に彼氏いないと言われたら場合は「最後に彼氏いたのはいつ?」「どんな人がタイプ?」「理想のデートは?」など質問して上手に話を広げていきましょう。

 

女の子には「彼氏いるの?」と聞いてそこから話を広げよう。

「彼氏いるの?」は相手に回答がYESでもNOでも会話が広がる最強の一言だとおもいます。

使い方を間違いさえしなければ、より相手の内面に踏み込むことができるし他愛もない話や世間話をしていたところからぱっと恋愛話に切り替えられて友達モード⇒恋愛モードに持ってけるのでオススメですよ!

モテる上では会話の途中で恋愛の話をいかにぶっ込んでいけるかが重要になってくるんで「彼氏いるの?」から恋バナに入っていくのは初心者でも簡単にトライしやすいとおもいます。