「モテる男」の教科書。

「自分が男と入れ替わったらモテモテになれるのになぁ。お金持ちで美人のヒモになりたみ…」と思ってる女の子が書いてます。

人に好かれる会話の極意!会話するときは「相手に関係のある話」をするべし。

 

モテるために何よりもまず必要なのは、顔の良さでも背の高さでもファッションセンスでもなく、「相手の気持を考えること」なのです。

あまりに当たり前のこと過ぎて「え、それだけ?」と驚かれるかもしれません。

でも、考えてみてください。

あなたはいつも女の子と話すときちゃんと相手の立場に立って考え、喋ることができていますか?

f:id:Theskyisthelimit:20170413123932j:plain 

 「相手の気持ちを考えること」それは誰もが子供の頃から言われ続けてきたであろう人間関係の基本中の基本ですよね。

ですが現実問題として、相手の立場にたててない人が多いです。
大人でも人間関係で悩んでる人は多いのがなによりの証拠だとおもいます。

カンタンなようで相手の立場に立つことは想像以上に難しいものなのです。

 

会話するときは必ず「相手に関係のある話」をしよう。

自分のことや相手の知らない自分の友人の話などをしても、聞かされてる相手はたいてい興味ないのが普通です。

黙って聞いてくれていたとしてもホントは「つまらないな」と思われてることって多いですよ。だいたい楽しんでるのは話してる本人だけです←

なので人に好かれたい(モテたい)なら、会話をするときは必ず「相手に関係のある話」をするよう心がけましょう!

自分の話が嫌いな人はいないですからね。特に女の子は聞いてほしくてウズウズしてる人多いとおもいます。

 

実は「相手の気持ちを考えてる」ようで「自分のことしか考えてない」のかも?

これを読んでいて「大丈夫!オレは相手の立って考え、行動することができてるから!」と思われた人もいると思います。

しかしそうしているはずなのに、人間関係が上手くいっていなかったり女の子から全然モテないのなら、もう一度自分自身をよく見直してみる必要があります。

そういう場合、女の子と話しているとき自分では相手の立場になって考えていると思っていても、ホントは自分のことばかり考えてしまっている可能性があるからです!

「つまらないやつだと思われたらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」と考えることは相手を思ってることではないですよ。それでは自分がどう思われるか気にしているだけであって、相手のことは後回しになってしまっています。

ひとりよがりになっていませんか?

人間は気持ちに余裕がないと、残念ながら自分のほうを優先してしまうものです。

「この子はどんなことに興味があるんだろう?」「楽しませてあげたい」と相手を第一に考え自分のことは二の次、三の次くらいに考えましょう。

相手の気持ちを考えることの出来る人は男女問わずとても魅力的です!

 

「相手の視点に立って考え、喋る。」を徹底する。

モテる男は、相手をコミュニケーションで気持ちよく楽しませることができるからこそモテるのです。

だからこそ「相手の視点に立って考え、喋る」ということがとても重要になってきます。

ぜひ、そんな「当たり前」を当たり前に実践することからはじめてみてください!

モテるモテない云々の前に人間関係の基本でもあるのでこれができるようになると同性、異性問わず人に好かれやすくなりますよ!