「モテる男」の教科書

「自分が男と入れ替わったらモテモテになれるのになぁ。お金持ちで美人のヒモになりたみ…」と思ってる女の子が書いてます。

モテるには新書とか自己啓発本より小説を読んだほうがいい理由

わたしが「本好きなんだー」と言うと

「俺も本読むよ!」と言ってくるので、どういうのを読むのか聞いたら

「うーん、新書とか自己啓発本とか?」

って答える男がめちゃめちゃ多いんですけどなんでですか?なぜ小説を読まない?!

そういう人って、小手先のテクニックばかりで底の浅い薄っぺらな人間だったり

意識高い系()な人が多いイメージです。

もちろん完全にわたしの偏見です!うぇい

 f:id:Theskyisthelimit:20171203013201j:image

わたしの持論なんですけど、「すぐに役立つものは、後で役に立たない」というのがあって。

 

確かに、新書や自己啓発本は読んだ後、すぐに役立ったり、知識が増えた感や謎の無敵感を得ることができます。

だけど、その効果は残念ながら2、3日しか続きません。

マリオのスターモードみたいなもんですね。

 

それに対して、小説を読むメリットって言われても、パッと思いつかないですよね?

べつに賢くなるわけでもコミュ力が上がるわけでも、自分に自信が持てるようになるわけでもない。

おもしろかった〜とニヤけるくらい?

完ぺきに娯楽です。

役に立たないし、読むの時間がかかるし…と敬遠する人が多いんでしょうね。

 

小説はじっくり自分と向き合わさせてくれる

だけど、長期的な目で見ると小説を読むことのメリットって滅茶苦茶あると思うんですよ。

うまく説明できないんですけど、本をたくさん読んでると、だんだん緩やかに深みがでてくるというか人間的魅力が増していく気がします。

 

実際、わたしが「この人素敵だなあ!」と思った人は本をたくさん読んでる人が多いです。

それもジャンル問わず偏りなく読んでる人。

 

小説を読むと、日常では絶対出会わないだろう人や仲良くならない人に出会えるし、

その上、登場人物の葛藤とか考えを綺麗な部分だけじゃなくて汚いところまで余すことなく全てを知ることができるんですよ。

 

色んな人がいて、色んな考え方があって、色んな生き方があることを擬似体験できます。

そりゃ世界も広がりますよね。

自分の成長にも繋がったりします。

 

女にモテたい!!

女の気持ちが理解できない!!

という人にこそ、小説を読むことをオススメします。

女の子が主人公の小説ね。

女の子がいっぱい登場するやつでも可。

それか女の人が書いた本。

 

「女が◯◯する心理」とか「女性のハートの掴み方」とか「モテる方法」みたいな本を読むよりよっぽど勉強になりますよ。

 

血の通った女の子がそこにはいます。

普段どんなことを考えて、どんなことに悩んでて、どんな男が好きで、どんな男と付き合ってるのかってことがこと細かく描かれてますからね。

もちろん一冊読むだけじゃダメだけど(偏るから)、

そういう本を何冊か読めばだいぶ女心が理解できるようになるになって、結果的にモテるようになると思います。